オンキョーは27日、「ポータブルヘッドホンアンプ/SDプレーヤーDAC-HA300」を9月上旬から発売すると発表した。価格はオープンプライス。

 フォーマットは、高品質DSD5.6MHzのネイティブ再生に対応しています。DSDは、PCM変換の再生とは明らかに一線を画す世界です。

 機能面では内蔵のmicroSD内の音源再生や、iOSやAndroid、PCやMac、デジタル入出力機などとの接続にも対応(光/同軸デジタル入力、同軸デジタル出力も装備)しています。形状はポータブルですが、据え置き機さながらの拡張性を実現している。

 音質面では、DAC部にフラッグシップAVレシーバーをはじめ多くの機器で採用実績のあるTI社製バーブラウンPCM1795を搭載。
オペアンプにはハイエンドオーディオ用に開発された新日本無線MUSES8920の採用など、ハイレゾ音源の魅力を引き出す高品位パーツが採用されています。

 また、600Ωのハイインピーダンスヘッドホンにも対応しており、機能・音質ともに充実した仕様になっています。
外形寸法は幅69.6mm×奥行123mm×高さ21.5mm(突起含まず)、質量は280g。

  • オンキヨー、ハイレゾ・DSD5.6MHz再生対応のヘッドホンアンプ/SDプレーヤー発売
  • ヘッドホンのザッくり基本
  • イヤホンのザックリ基本
おすすめの記事
国内配信サイト
このOTOTOYは、2009年からハイレゾ配信がスタートしています。 このサイトの目指すものは 新しい音楽を配信すること そして それを体験...
ヘッドホン
ヘッドホンの形は、 ヘッドバンドを頭の上に載せる 「オーバーヘッド型」という 大きいものが主流です。 家庭で静かな環境を邪魔しないように使用...