オンキヨー、音声付き早見/遅見再生を搭載したハイレゾ対応BDプレーヤー

002

オンキヨー&パイオニアは16日、
業界初の「音声付き早見/遅見再生」機能を搭載した
ハイレゾ音源対応のBDプレーヤー(2機種)を発表した。

パイオニアブランドから発売し、
価格はオープン。
推定市場価格(税別)は、上位モデル「BDP-180」が27,000円前後(7月下旬発売)、
「BDP-3140」が15,000円前後(6月下旬発売)。
色はそれぞれブラックとシルバー。

002

BDP-180とBDP-3140の「音声付き早見/遅見再生」は、
音程を変えずに音声を聞きながら1.5倍速/0.8倍速の再生ができる機能。

動画を短時間で見たり、再生速度を落としてダンスレッスンなどに利用できる。
USBメモリに保存したハイレゾ音源(WAV/FLAC)の再生にも対応した。

さらに上位モデルのBDP-180は、
3Dデジタルカメラで撮影した3D静止画ファイル(MPO)、高音質フォーマットのSACD、
ハイレゾ音源のDSDとALAC(Apple Lossless Audio Codec)にも対応。

「4K/24pアップスケーリング」機能も搭載しており、高画質・高音質でコンテンツを楽しめる。
加えて「YouTube Send to TV」にも対応し、スマートフォンのYouTubeアプリで選択した動画を
テレビ画面に映すことが可能だ。

「Miracast」と「Wi-Fi Direct」にも対応しているので、
スマホ/タブレットの画面をそのままテレビに映し出せる。

BDP-180とBDP-3140では、
やはり上位機種である
BDP-180がおすすめですね。

おすすめの上位機種は
BDP-3140の発売から
約一か月後つまり
来月下旬の発売になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る