オーディオファンの間で定番だった
あの「カンターテ・ドミノ」
なんとハイレゾで配信されていました。

ダウンロード (31)

この音源「カンターテ・ドミノ」は、
30年以上も前から
オーディオ・チェック用として盛んに使われた音源です。

"スウェーデンのpropriusレーベルによる有名なアナログ録音です。
1976年にストックホルムの教会での収録されています。

当時は、第一級の音質のLPレコードという評判で、
オーディオ・マニアの間では、必携のLPレコードと言われていていました。
音質向上をのための、重量盤アナログ・ディスクで
販売されたこともありました。

その後、CDはもちろん、SACDでも発売されています。

オーディオ・チェック用として不動の位置を築いてきた音源です。

驚くことに、このスーパー音源がハイレゾで聴けるようになったのです。
信じられません。

今回のハイレゾ化については、
SACD用の音源を、いったんアナログに戻して、
そのうえでA/Dコンバーターによってハイレゾ仕様にデジタル化し、
マスタリングしてDSD、PCMそれぞれに加工しなおしたようです。

実際にこの音源を聞いてみての感想ですが

自分の部屋がパイプオルガンのある教会に
なったようでした。
部屋全体が、クリアなパイプオルガンの響きで
満たされたのでした。

予想通り
一曲目のタイトルチューンから
強烈なアッパーカットを
くらってしまいました。

 

あなたも、ぜひこの音源の世界を体験してみてください。
未知の世界に驚くこと間違いありません。

関連キーワード
  • ノラ・ジョーンズ 来日記念プライスオフ!明日4/25(火)で終了します♪
  • 2017年3月度ハイレゾ音源大賞作品は三浦大知「HIT」
  • 「VICTOR STUDIO HD-Music.」が配信サービスを終了
  • オリコンがハイレゾ音楽配信開始 オリコンミュージックストアにゴールデンボンバーも
  • ハイレゾ定番の紹介です アニソンやゲームも
  • mora、ハイレゾ100作品が14日まで最大半額セール。サントラ・ジャズ・ロック・クラシック
おすすめの記事
ハイレゾ
高解像度を意味する「ハイレゾ」は もともとは、ディスプレイの世界で使われだした用語でした。 電子情報産業協会 日本オーディオ協会 米国家電教...