独断的 ネットPCオーディオ 



先日、友人から
本サイトのサブネームについて
聞かれてしまいました。

「ネットPCオーディオ」って聞きなれない言葉だけど
どんなこと?

って素朴な質問でした。

「ん~、パソコンを使ってネットから音楽コンテンツをダウンロードしてきて
ハイレゾなどのいい音の音楽を楽しむこと」

って答えたのですが・・・・

なんか、自分でもしっくりしません。

本サイトのサブネームを
「ネットPCオーディオ」と
勝手に銘打っている以上、
説明できなとマズイかな・・

ということで調べてみたのでした。

まず

ネットPCとは

デジタル大辞泉の解説

ネット‐ピーシー【ネットPC】
 インターネットや電子メールを利用するのに
必要最低限の性能・機能を有するパソコンの総称。
ネットブック、ネットトップなどを指す。

ネット‐ピーシー【ネットPC】
 米国マイクロソフト社とインテル社が提唱した
ネットワークコンピューターのコンセプト。


日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネットPC(ねっとぴーしー)
 インターネット利用を主眼に開発された
低機能、低価格パソコンのこと。
ノートブックタイプのネットブック、
デスクトップタイプのネットトップがある。

 パソコン分類のカテゴリーの一つで、
ウェブ閲覧や電子メール送受信など
インターネットの基本機能を使うことを
コンセプトに開発された、
いわばインターネット接続専用パソコン。

 明確な定義があるわけではないが、
一般的にはインテルのAtomなどの
低速・省電力のCPU、必要最低限のメモリーと
ハードディスクドライブ(HDD)
あるいはソリッドステートドライブ(SSD、
記憶媒体としてフラッシュメモリーを用いるドライブ装置)、
Windows(ウィンドウズ) Vistaよりも動きの軽い
Windows XPを搭載したパソコンをさすことが多い。
これは、マイクロソフト社が定義する
ULCPC(Ultra Low-Cost Personal Computer:
超低価格パソコン)の仕様に準じたものである。



次に
 PCオーディオとは 
について検索しました。

デジタル大辞泉の解説
ピーシー‐オーディオ【PCオーディオ】とは
 パソコンを中心とするオーディオシステム。
コンテンツ配信サービスや音楽用CDからの
音楽データをUSB DACなどでアナログ信号に変換し、
アンプやスピーカーなどの各種オーディオ機器に
接続して鑑賞する。

従来の音楽用CDを上回る高品質の
ハイレゾ音源を利用できるほか、
逆に音楽データを圧縮することで多数の音源を
自由に再生したり、デジタルオーディオプレーヤーと
連携したりすることができる。




独断的「ネットPCオーディオ」とは

デジタル大辞泉
「ネットPCオーディオ」のフレーズを
検索してみました。

結果は

ネットPCオーディオに一致する情報は見つかりませんでした。
再検索のヒント:
指定した条件を変えてみてください。
誤字・脱字がないかを確認してみてください。
言葉の区切り方を変えてみてください。

ということで、

独断的に勝手に定義したいと思います。



「ネットPCオーディオ」とは

 インターネットに接続可能なネットPCを使用することにより、従来のオーディオの世界に加えて、ハイレゾなどの音源をはじめとするWEB上のあらゆるオーディオコンテンツをUSB DACなどでアナログ信号に変換し、アンプやスピーカーなどの各種オーディオ機器に接続して、より高品質な音楽や音源を鑑賞すること。

とりあえず、こんなところにしておきます。

さらに、
ご意見、ご助言をいただければ幸いです。

ページ上部へ戻る