ハイレゾって? CDを超えるって?

sampling2

ハイレゾって言葉は、略語です。

正式には、「ハイレゾリューション(高解像度)」というらしいです。

最近よく耳にするようになった
「ハイレゾ音源」って
CDを超える音質として注目を集めています。

 

分かりやすいように例えると、
たとえば、デジタルカメラの画素数。

CDが500万画素だとすると
ハイレゾ音源は、
あなた、いくらだと思いますか?

なんとその3倍の1500万画素というから
驚きです。
アナログの音源をCDなどのデジタルに変換する際に
出てる用語に

「量子ビット数」

「サンプリング周波数」  があります。

 

sampling2

 

量子ビット数は、
デジタル変換する際の
音の振動幅の規格を表しています。

サンプリング周波数は、
音の波形が1秒間に振動する数値を表しています。

そして、
この二つの数値が大きいほど、原則的には
「正確で良い音」ということになっています。

 

CDは、  「44.1kHz/16ビット」
(1秒間に4万4100回の頻度で、音の大きさを6万5536回の段階で記録する)

対して

ハイレゾ音源は、   「96kHz/16ビット」 や 「192kHz/24ビット」
JEITA(電子情報技術産業協会)では

ハイレゾ音源を、「CDスペックを超えるデジタルオーディオ」と呼んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る