ヘッドホンのザッくり基本

images (47)

ヘッドホンの形は、
ヘッドバンドを頭の上に載せる
「オーバーヘッド型」という
大きいものが主流です。

家庭で静かな環境を邪魔しないように使用するのが
主でした。

最近では、携帯型プレーヤーの増加に伴い
持ち運びしやすいポータブルタイプが
増えてきています。

images (47)

「インピーダンス」は電気抵抗の大きさを示す数値です。
  「30Ω」を超えると、アンプが必要になります。

・「イヤーパッド」の形
  「オンイヤー型」はイヤーパッドを耳に載せるように装着します。
  耳載せ型ともいわれます。

  「オーバーイヤー型」は耳をすっぽり覆うタイプで遮音性に
  優れています。耳覆い型ともいわれています。

再生周波数帯域
  再生可能な低音がら高音までの幅を表す数値。
  人間が聴くことができる帯域は
  20~20kHzといわれている。
  計測した数値だけで音質が決まるわけではありません。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る