九州電力のIoT/AIサービスにmoraが協力「日常生活にハイレゾを」

img01_s

九州電力が提供する音声端末

九州電力は、一般家庭向けにIoT(Internet of Things)/AI(人工知能)を活用した新サービスの開発を行っている。

今月24日に、レーベルゲートは九州電力と協力して、家庭向けハイレゾ配信サービスの開発を行うと発表した。
レーベルゲートは、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが中核となって音楽ネット配信サービスが中心の会社。
ハイレゾなど音楽配信を提供する「mora(モーラ)」はこの会社が運営している。その音楽配信サービス「mora」のプラットフォームを提供することによって、一般家庭の日常生活にもハイレゾを溶け込ませようというわけだ。

九州電力が開発するIoT/AIを活用した新サービスでは、同社が提供する「音声端末」や、スマートフォン/タブレットに話しかけることで、家電機器・エンターテイメント機器を統合的に操作できるようにする。
音声端末に「音楽をかけて」と話しかけるとオーディオ機器に音楽を再生させるといった利用イメージ。

音声端末と接続するホームゲートウェイを経由して、クラウド(AI)や、データサービスと連携。
サービス基盤上の蓄積データや各種センサー情報をAIに学習させ、ユーザーの好みや生活に役立つアドバイスなどの実現も目指す。
4月25日から福岡市内で、音声端末による家電の操作などを体験できるイベントを開催する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る